トップイメージ

訪問医療マッサージの らくなーる

最新情報

6か月の壁は越えられるか

古くから理学療法の世界では「6か月の壁」という言葉があります。中枢神経系の疾患によって麻痺が発症すると、その日から6か月の間のリハビリにより徐々に症状は改善するが、その先に残った症状はほとんど改善が見られない、というものです。

ガイドヘルプの講習会に講師として参加

7月4日(木)豊橋の視覚障害者ガイドヘルプボランティア「かるがも」さんの講習会が前畑町の総合福祉センターあいトピアで行なわれ、服部が講師として参加してきました。

浜松市雄踏町でセミナー

7月3日(水)浜松市西区雄踏町の山崎地区で行なわれたサロンで、らくなーるマッサージの「姿勢の大事セミナー」をさせていただきました。

座位は人間としての尊厳を取り戻す第1歩

右股関節人工骨頭術を5年前に受けたTさん(86歳女性)。今年1月に急に歩けなくなり、在宅生活不可能とのことで施設に入所されました。糖尿病・高血圧・低血糖・認知症などがあり、要介護5で寝たきり状態です。

吉見のマラソンライフ

蒲郡支店の吉見です。以前から紹介しているように、私は市民マラソンを楽しんでいます。